津軽半島に位置する十三湖は、岩木川と日本海が交わる汽水湖で、日本有数のしじみ産地として知られています。色や艶、味などで定評のある十三湖産しじみを、是非ご賞味ください。

写真/龍飛岬から見えるこの津軽海峡の下を、世界最長の海底鉄道トンネル「青函トンネル」が走っている。

旅のルート

奥津軽いまべつ駅 → 龍飛岬 → 七ツ滝 → はくちょう亭奈良屋 → 十三湖


2016年3月、本州と北海道を結ぶ北海道新幹線の新青森駅〜新函館北斗駅間が開業しました。その中で本州最北端の新幹線駅として誕生したのが、「奥津軽いまべつ駅」。山間に佇む小さな駅で、周りにはのどかな風景が広がっています。

今回の奥津軽の旅はここからスタート。早速、津軽半島の最北端「龍飛岬」へ。陸奥湾沿いに北上し、漁村を抜け展望台に上がるとそこには、透き通るほどの真っ青な空と紺碧の海が。『津軽海峡・冬景色』の歌でも知られるこの岬からは、天気が良いと北海道の渡島半島までを見渡すことができ感動もひとしお。

そんな絶景を味わったあとは、龍飛岬と小泊地域をつなぐ龍泊ラインを南下して「七ツ滝」に立ち寄るのがおすすめ。日本海の激浪によって造りだされたこの滝は、名前の通り七段の断崖を清流が滑り落ちていくのが特徴で、心地よい水しぶきが一時の涼を与えてくれます。

写真右/人口約2,800人の町に誕生した「奥津軽いまべつ駅」。隣接している「道の駅いまべつ」内でレンタカーの手配も可能。
写真左/「七ツ滝」は龍泊ライン(国道339号)沿いにあり、車窓から眺めることもできる。

十三湖のほとりで味わう絶品メバル料理。

「七ツ滝」から国道339号を南下すると見えてくる、十三湖の雄大な姿。そのほとりにある「はくちょう亭奈良屋」では、中泊町の新しいご当地グルメ『中泊メバルの刺身と煮付け膳』を堪能することができます。中泊町は、高級魚であるメバルの水揚げ量が青森県No.1。津軽海峡ならではの速い潮の流れによってその身が鍛えられるため、肉質はきゅっと締まり食感はプリップリ。御膳の刺身は尾頭付きで、刺身7切と炙り3切を刺身醤油・エゴ塩・煎り酒の三種類のタレでいただきます。半身の煮付けは熱々の状態で提供され、さらに別盛りの小泊産イカ刺しは、ごはん(青森県産つがるロマン)と一緒に楽しめます。

中泊メバル膳

『中泊メバル膳』には、店ごとにこだわりの海鮮汁が付く。「はくちょう亭」ではしじみ汁を提供。



さて、お腹が満たされたら、最後は「十三湖」へ。南側には岩木山、遠く西側には河口に架かる全長234メートルの十三湖大橋が望めます。また、晴れた日は水面を茜色に染めながら落ちていく素晴らしい夕日を目にすることも。

皆さんもぜひ新幹線に乗って、極上の夏時間を過ごしに奥津軽を訪れてみませんか。



のしについて
送料無料キャンペーン実施中!

産卵時期を迎えた夏のしじみは、「土用しじみ」と呼ばれるほど栄養価が高く、身もぷりぷりです。

しじみのペペロンチーノ

滋養強壮に効果のあるニンニクと、暑い時期に不足しがちなミネラルを豊富に含んだしじみは相性抜群。

津軽風 塩味しじみ汁

津軽では、しじみ汁といえば塩味が定番です。

しじみとミズのバター炒め

しじみの旨みを存分に味わえます。

十三湖に浮かぶ「中の島ブリッジパーク」は夏におすすめのアウトドアスポットです。

太宰文学の原点に出会う。

奥津軽に継がれる食、そして文化。

奥津軽の魅力、発見の旅。

十三湖のほとりで味わう絶品メバル。

十三湖シジミの教科書
オルニチンが豊富な十三湖シジミ
十三湖シジミ漁の動画

お支払い方法

当店で初めてお買い物をされる方は、代金引換でのお支払い(代引き手数料は無料)とさせていただきます。なお、お届け先が別の場合は、振替用紙(コンビニ・郵便局併用)を送り主様へ郵送させていただきます。ご了承下さいませ。


配送・送料について

[注] 冷凍しじみと活しじみは同梱できません。

佐川急便での配送となります。ご注文確認後3営業日以内に発送致します。

送料はこちらをご覧ください

なお活しじみは悪天候等により入荷なき場合お時間をいただくことがありますのでご了承ください。

金曜日16:00以降・土曜日・日曜日のご注文は月曜日からの発送となります。お急ぎの場合はフリーダイヤルまでご連絡下さい。

株式会社 小野や



E-mail: info@tsugaru-onoya.com
青森県北津軽郡中泊町八幡字八幡56
特定商取引法に基づく表記