津軽半島に位置する十三湖は、岩木川と日本海が交わる汽水湖で、日本有数のしじみ産地として知られています。色や艶、味などで定評のある十三湖産しじみを、是非ご賞味ください。

太宰治記念館「斜陽館」/青森県五所川原市


小説『走れメロス』や『人間失格』で知られる作家・太宰治(1909〜1948)は本名を津島修治と言い、青森県北津軽郡金木村(現在の青森県五所川原市金木町)で生まれました。津島家は地域を代表する大地主で、代々金融業を営むほか、父の源右衛門は貴族院議員をも務めた人物。一方、母のタ子(たね)は体が弱かったことから、修治は乳母らによって育てられました。中でも3歳から9歳までの子守であった越野タケの存在はとても大きく、太宰の代表作の一つであり自伝的小説とも言われている『津軽』では、小泊小学校の運動場でタケと30年振りの再会を果たす場面が感動的に描かれています。

なお、太宰が青森中学に進学するまでの約14年間を過ごした津島邸は、現在、太宰治記念館「斜陽館」として多くの人に親しまれており、2004年には、明治期に建てられた貴重な木造建築物として国の重要文化財に指定されました。和洋折衷の趣ある空間に感じる、不思議なほどの居心地の良さ。きっと何度でも訪れたくなることでしょう。

太宰治記念館「斜陽館」

写真左/太宰とタケの銅像 中泊町小泊にある、小説「津軽」の像。本の読み聞かせや道徳など、幼少の頃の太宰はタケより様々な教育を受けた。
写真右/太宰の生家 太宰治こと津島修治は、津島源右衛門・タ子の第十子六男としてここで誕生した。

いつ訪れても美味しい、奥津軽の大切な恵み。

太宰の生家から、小説『津軽』で太宰がタケと再会したという小泊までは、車で約50分。そのちょうど中間地点に、十三湖でとれたしじみを心ゆくまで堪能できる「しじみ亭奈良屋」があります。看板メニューは「しじみづくし」。しじみのだしがきいた釜めしやしじみ汁、濃厚さがたまらないしじみチャウダーや具材たっぷりのしじみらーめん…。数々のしじみ料理が目の前に並び、なんとも贅沢気分に包まれます。

十三湖のしじみを堪能できる、しじみ亭奈良屋の人気メニュー「しじみづくし」。

「しじみ亭奈良屋」は、十三湖のしじみを使った定食やラーメンが楽しめる食事処。さらに土産品や挽きたてのコーヒーなどもあり、旅の休憩スポットとしてもおすすめ。



そして、イカやメバルが多く水揚げされることで知られる小泊地区へ。港沿いでは、一年を通してイカを生干しする風景が見られ、その場でイカ焼きをいただくこともできます。

ぜひこの奥津軽で太宰文学の息吹を感じながら、十三湖のしじみと、ちょうど旬を迎えたスルメイカの美味しさに出会ってみてください。

イカ釣り漁船が並ぶ小泊漁港。10月からはスルメイカが旬を迎える。ちなみに太宰の子守・タケの家跡もこの港のすぐ近くにある。



のしについて
送料無料キャンペーン実施中!

産卵時期を迎えた夏のしじみは、「土用しじみ」と呼ばれるほど栄養価が高く、身もぷりぷりです。

しじみのペペロンチーノ

滋養強壮に効果のあるニンニクと、暑い時期に不足しがちなミネラルを豊富に含んだしじみは相性抜群。

津軽風 塩味しじみ汁

津軽では、しじみ汁といえば塩味が定番です。

しじみとミズのバター炒め

しじみの旨みを存分に味わえます。

十三湖に浮かぶ「中の島ブリッジパーク」は夏におすすめのアウトドアスポットです。

太宰文学の原点に出会う。

奥津軽に継がれる食、そして文化。

奥津軽の魅力、発見の旅。

十三湖のほとりで味わう絶品メバル。

十三湖シジミの教科書
オルニチンが豊富な十三湖シジミ
十三湖シジミ漁の動画

お支払い方法

当店で初めてお買い物をされる方は、代金引換でのお支払い(代引き手数料は無料)とさせていただきます。なお、お届け先が別の場合は、振替用紙(コンビニ・郵便局併用)を送り主様へ郵送させていただきます。ご了承下さいませ。


配送・送料について

[注] 冷凍しじみと活しじみは同梱できません。

佐川急便での配送となります。ご注文確認後3営業日以内に発送致します。

送料はこちらをご覧ください

なお活しじみは悪天候等により入荷なき場合お時間をいただくことがありますのでご了承ください。

金曜日16:00以降・土曜日・日曜日のご注文は月曜日からの発送となります。お急ぎの場合はフリーダイヤルまでご連絡下さい。

株式会社 小野や



E-mail: info@tsugaru-onoya.com
青森県北津軽郡中泊町八幡字八幡56
特定商取引法に基づく表記